「おいしい写真」へのひと手間、撮影後のレタッチ(画像修正)で料理のおいしさを表現する方法

おいしそうな料理を並べて、カメラマンが撮影する。そうすれば「おいしいビジュアル」の出来上がり、といったように思われている人もいるのではないでしょうか?
「おいしそう」と思ってもらえる写真を撮るためには、本当はもっと多くのステップを踏む必要があります。

料理を担当してくれるフードスタイリストや撮影するカメラマンの技術ももちろん重要ですが、撮影が終わった後に「レタッチ」と呼ばれる画像修正をすることによって、よりおいしそうな写真にすることができるのです。

今回は、一般の人にはなかなか作業内容の見えにくい「レタッチ」について、紹介します。

撮影後のレタッチ(画像修正)が必要な理由とは

「レタッチ」という言葉を初めて聞いた人もいるかもしれません。レタッチとは、撮影した画像を調整・修正することです。色彩を変化させたり、不必要な部分を消したり、場合によっては他の画像と合成したりもします。
そもそも、なぜ撮影した画像にレタッチを加える必要があるのでしょうか。その理由のひとつに「色味」の問題があります。
一般的に、人は物の色を思い浮かべる時には、実際の色味よりも明るく、鮮やかな色をイメージすると言われています。りんごの色はより赤く、人の肌はより白くイメージされます。これは「記憶色」と言われるもので、見たままの色よりも、思い浮かべた色は彩度が高いことが多いのです。
そのため、撮影した写真をそのまま見ると、「少しくすんでいる」「はっきりとした色が出ていない」と感じることもあります。撮影後にレタッチをする事で、写真をより記憶にあるイメージに近づけることができるのです。

レタッチ(画像修正)で、理想的な「おいしそう」を引き出す

食べ物の撮影におけるレタッチには、大きく分けて2つの考え方があります。1つは「よりおいしそうに見せる、おいしいポイントとなるところをさらに引き出す」というもの。

たとえば、「食材をグツグツ煮ている鍋」の写真を見てみましょう。

2_2.jpg

鍋のあたたかさや、活き活きとした食材がおいしさを感じさせてくれます。この料理のポイントは「鍋のあたたかさ」や「グツグツ煮えている様子」、具材では「エビのぷりっとした様子」です。

下の写真は、レタッチを施す前のものです。

1_2.jpg

全体的に、少しくすんだような印象を受けるかもしれませんが、実際には、食べ頃の鍋の具材は下の写真の方が近いと思いませんか?

この鍋の写真では、ポイントとなるエビのぷりぷり感を出すために色を明るくしています。そして、鍋のグツグツと音を立てている様子を出すために、沸騰した泡を増やし、湯気も加えています。白菜などは、時間の経過でどうしても火が通りすぎてしまうので、煮え切ってしまう前のものに差し替えています。そして、全体の色味を調整し、あたたかさを演出しています。

料理のレタッチでは、一番見せたいポイントにしっかりと目がいくようにすることが大切です。撮影する料理ごとに異なる「おいしさを感じるポイント」を見極めて引き出してあげることが重要になります。

 

2つ目は「撮影だけでは困難なビジュアルを作り出す」というレタッチ。1度の撮影で作り出すことができないシーンを、レタッチによって1枚の写真に仕上げていくというものです。

下の写真の例をご覧ください。

Yuya_Kato_2.jpg

水しぶきがあがる様子がイキイキと表現されている、こういった写真を見たことはありませんか?

この写真を一度で撮影することは、実はほぼ不可能なのです。実際にこの写真には、複数枚の写真が合成されています。

bace_2.jpg
ベースとなる写真に、

crown_2.jpg
「クラウン」と呼ばれる水しぶきを加えます。

sosogi_2.jpg
そこに液体を注いでいる部分を合成し、

shibuki_2.jpg
周りにはねるしぶきを加えます。

最後に、全体の色味を調整して、例の写真は作られています。

特に、クラウンやしぶきは、何度も何度も(時には何百回と)液体を水面に落として撮影したものの中から、最も理想的な形となったの写真を合成していきます。こういった撮影では、最終的な仕上がりのイメージに対して、どのようなパーツの写真が必要になるのか、分解して理解していることが重要になります。

このように、一度の撮影では実現することが困難なビジュアルでも、レタッチを加える事で理想的な「おいしい瞬間」を捉えた写真にすることができるのです。

レタッチ(画像修正)をすることで、「おいしい写真」を作り出せる撮影の種類とは

食べ物の写真を撮影するにあたって、「レタッチが必要なのかどうか」を事前に判断することは、慣れていないと難しいと思います。そこで、レタッチを加える事で理想的な「おいしい写真」を作り出せる撮影内容について、一例を挙げてみますので、参考にしてみてください。

1.時間の経過によって変化する食材や料理

ono(6).jpg

チョコレートやアイスクリームなど、時間が経つと溶けてしまう食材や、ラーメンのように時間とともに変化してしまう食材を撮影するときは、レタッチがあることでより理想的なイメージに近づけることができます。

どの料理も、基本的には「出来立て」がもっともおいしい瞬間ですが、理想的なイメージに近づけるために、撮影に時間がかかってしまうこともあります。また、アイスクリームなどでは、少しだけ溶けているような、硬そうな部分と柔らかそうな部分とを作ることで、濃厚さをイメージさせることもできます。このような撮影では、レタッチによってパーツごとの「おいしい瞬間」を合成することで、おいしさを引き出すことができます。

2.動きのあるビジュアル

isw_popcorn_kinaco.jpg

飲料などでよくある水しぶきを作るビジュアルや、ココアパウダーが舞うスイーツのビジュアルでは、どうしても一度の撮影で思い通りのしぶきや舞い具合を出せないことが多くあります。そのため、何度も何度も撮影し、理想的な動きを撮れたものを複数枚重ねて表現する必要があります。先ほどの2つ目の「水しぶきの写真」が良い例でしょう。レタッチをすることで、「理想的な動き」を演出することができます。

3.対象物の質感が撮影に影響するもの

ono.jpg

撮影する対象物の質感が、写真に影響を及ぼす場合があります。

たとえば、飲料などの缶を撮影する場合。アルミ素材など反射するものを撮影する際は、缶への写り込みに注意しなければなりません。対象物の周りの環境に注意することはもちろんですが、正面から撮る場合などでは、どうしてもカメラのレンズ自体が写り込んでしまうこともあります。こういった時にはレタッチによって写り込みを消すことで、よりキレイな写真に仕上げることができます。

食材で例を挙げると果物などは最後にレタッチを加えて写真を仕上げることが多いです。広告写真などでバナナを見ると、黄色が鮮やかで、キレイなものが多いと思います。ですが、実際に手に入るバナナは、どこか黒く変色していたり、キズなどがあったりすることがほとんどです。こういったものは、レタッチでキズを消したり色味を変えてあげたりすることで、よりおいしそうな、理想的なバナナを表現できるのです。

リンゴの場合、葉っぱ付きのリンゴの写真を求められることもあるのですが、実際にはそういったリンゴを手に入れることは難しいんです。そのため、リンゴとリンゴの葉を別々に用意して、ピンで止めるなどして撮影をしています。そして、違う素材の2つを自然に1つのリンゴと見せるために、レタッチでピンを消したり、色味を調整したりするのです。

このような、撮影だけでは実現できないことがあっても、レタッチによって理想的なイメージの写真を仕上げることができます。

撮影とレタッチ、息の合ったコンビネーションが実現する、hueの「おいしい写真」

レタッチが必要とされるビジュアルを制作したい場合は、レタッチを施すCGクリエイターも事前に最終的な仕上がりのイメージを共有しておくことで、合成用の写真の撮り漏れを防げるなど、撮影がスムーズに進みます。

通常の会社では、撮影とレタッチとで作業が分断されてしまうことが多いですが、hueではカメラマンとCGクリエイターの距離が近く、時にはCGクリエイターも撮影に立ち会います。
両者の息の合ったコミュニケーションが実現できているからこそ、撮影で実現できることと、レタッチでフォローすべきポイントを事前に把握することができ、イメージ通りのクオリティの「おいしい写真」を制作することができるのです。

 

hue所属のCG Creator:

 

撮影・レシピ開発、その他お問い合わせはこちらまで

お問い合わせ

関連記事