パーティーでも人気者!アメリカ生まれのデザートサラダ大集合

持ち寄りパーティーは、みんなのお料理が楽しめるから大好き! そうは言っても、自分が持っていく物にはいつも頭を悩ませてしまいますよね。そこでアイディアの一つとして今回ご紹介したいのが、アメリカ生まれのデザートサラダ。思わず「そんなものが入っているの?」と言いたくなる、ちょっぴりユニークな甘いサラダたちの登場です。

作るのも簡単!人気デザートサラダ3選

デザート系のサラダというと、日本ではフルーツをヨーグルトで和えた、フルーツサラダが昔からの定番ですよね。でもさすがアメリカ! 今回ご紹介するデザートサラダたちは、クッキーやマシュマロ、チョコレートなどが入った、なかなかのツワモノたちです。レシピはどれも、基本的に材料を混ぜていけば完成する簡単なものばかり。デザートというと「手間がかかる」イメージですが、これなら忙しい人でもササッと作れます。

(以下で紹介するレシピは1カップ=250ccです)

しっとり美味しいクッキーサラダ

ミネソタ州生まれの「クッキーサラダ」は、その名の通り、なんとクッキーを生クリームやフルーツと和えてしまったサラダです。使用するクッキーは、チョコレートのかかったショートブレッド、KEEBLER社のFUDGE STRIPESと呼ばれるクッキーを使用するのが、王道だそうです。

材料:

  • 缶みかん(約310g入りを2缶)
  • パイン缶(約560gを1缶)
  • クールウィップ又は砂糖入りホイップクリーム(約340g)
  • バターミルク(2カップ)
  • インスタントプディング(2箱)
  • FUDGE STRIPES(1袋)

作り方:

  1. ボールでインスタントプディングとバターミルクをよく混ぜます(出来上がったものは、日本のカスタードクリームに近い感じです)。
  2. クールウィップ又はホイップクリームを混ぜ込みます。
  3. 汁を切ったみかんとパイナップル(細かく切ってあるもの)を混ぜます。
  4. クッキーは数枚飾り用に残し、残りは砕いて混ぜれば完成。

FUDGE STRIPEの代用として、オレオを使うのもオススメだそうです。いろいろな種類のクッキーで作ってみて、オリジナルのコンビネーションを考えるのも楽しそうですね。

青りんごが決め手!スニッカーズサラダ

アメリカで人気のキャンディーバーの一つ、スニッカーズ。ピーナツやキャラメルがチョコレートでコーティングされています。それをりんごとホイップクリームで和えたこちらのサラダは、子供たちにも大人気の一品です。

材料:

  • スニッカーズ(6本)
  • クリームチーズ(約220g)
  • 粉砂糖(1カップ)
  • クールウィップ又は砂糖入りホイップクリーム(約340g)
  • 青りんご(4~6個)

作り方:

  1. 室温に戻して柔らかくしたクリームチーズと粉砂糖を混ぜます。
  2. クールウィップ又はホイップクリームを混ぜ込みます。
  3. スニッカーズを一口サイズに切り、混ぜます。
  4. 皮付きのまま一口サイズに切ったりんごを混ぜたら、冷蔵庫で1時間冷やして完成です。

時間が経つとサラダが水っぽくなってしまうので、食べる1時間前を目安に作りましょう。甘いチョコレートと、甘酸っぱいサクサクの青りんごが、病みつきになるサラダですよ!

カラフルな見た目がキュートなマシュマロサラダ

カラフルなマシュマロが手に入ったら、ぜひ挑戦したいのがこちら。人気アイテムのココナッツも入っているので、女子会のお持ち寄りにもピッタリです。

材料:

  • 缶みかん(約280g入りを1缶)
  • パイン缶(約390g入りを1缶):
  • サワークリーム(1カップ)
  • マラシノチェリー(1/3カップ)
  • ココナッツ(1/4カップ):細切りで甘みが付いているもの
  • ミニマシュマロ(3カップ)

作り方:

マラシノチェリーを半分に切って、全て材料を混ぜます。冷蔵庫で一晩寝かせて完成です。パイン缶はあれば「クラッシュタイプ」を使い、なければ普通のパイン缶のものを細かく潰しましょう。

いつもと違ったデザートでパーティーの話題作りを

上品でかわいらしいスイーツも良いけれど、たまにはいつもと違うデザートにも挑戦してみたくありませんか? アメリカ生まれのデザートサラダは、大きなボールに入れてパーティーテーブルに乗せれば、それだけでも存在感抜群。「サラダかと思ったらデザートだった!」パーティーの話題作りにもピッタリの一品です。

参考:


撮影・レシピ開発、その他お問い合わせはこちらまで

お問い合わせ

関連記事