オフィスで楽しむ挽きたて、淹れたてコーヒー

ヒューで一番のコーヒー好きフォトグラファー、すーさんこと鈴木孝彰
コーヒーマイスターの中川亮太さんによる、コーヒー談義。
今までの記事では「集中力をアップするコーヒー」や、
「オフィスで楽しむアレンジコーヒー」についてお聞きしてきました。
今回は、コーヒーに合うおやつの紹介から、
オフィスでも気兼ねなくドリップコーヒーを楽しむ方法までを教わります。


中川さん
前回は集中力アップって視点でおやつを紹介したんですけど、
今回はコーヒーとの食べ合わせが抜群なおやつを紹介します。

coffee01.jpg
すーさん
どらすく!おいしい~。これは甘すぎないし、食感もいい。

中川さん
これは千駄木にある和菓子屋『薫風』さんのお菓子なんですけど、どら焼きの「皮」のみを焼き上げた変わったお菓子なんですが、コーヒーとの相性が抜群で超お気に入りなんです。薫風さんには、お酒に合わせたお菓子もあって、おすすめですよ。

coffee02.jpg

すーさん
チーズとコーヒーってのは意外な組み合わせだと思うんですけど。お酒じゃなくても合うんですかね。

中川さん
食べてみて!意外な組み合わせではあるけど、絶対おいしいから。coffee03.jpg

すーさん
わ!これはおいしい!! コーヒーとほんとに合う!

中川さん
(ドヤ顏)でしょう。
食べ応えもあるし、なによりワインを楽しむようにコーヒーも楽しめるってことは嬉しいよね。夜のデザートに。あるいは食前酒っぽくコーヒーとチーズ楽しむのもあり。
塩バターのアレンジがうまくいってたら、チーズにも合うのにな~。

スパイスとコーヒー

中川さん
あと試してみたいのは、スパイスとコーヒーの組み合わせ!

すーさん
スパイス?? これはまた大胆なアレンジ・・・。

coffee04.jpg
中川さん
クローブ浮かべてみてもいいかもね。
ミルクはたっぷりいれるとチャイっぽくなるかも。

coffee05.jpg
すーさん
なんか、インドカレー屋さんで食後に飲むコーヒーの味がする。

中川さん
いいね〜、ナンをつまみにスパイスコーヒーを楽しむなんて、オツだね!(笑) なんだか身体もポカポカして来る気がしない? 
スパイスの効果で冷え性対策になるからこれからの季節におすすめです。
ちなみにインドは紅茶(チャーイ)の国と思われているかもしれないけど、
南の方では紅茶よりもコーヒーが飲まれているんですよ!

これは外せない!簡単アフォガードの作り方

中川さん
エスプレッソをアイスクリームにかけて食べるアフォガードはイタリアのデザートです。
カップアイスを用意して、先に真ん中をスプーンですくって食べておきます。

coffee06.jpg

すーさん
これはおいしい!おいしくない訳がない!

中川さん
ほんと簡単でしょう。ラクトアイスは早く溶けるからフワフワになっておすすめです。

coffee07.jpg
オフィスのデスクでも
挽きたてコーヒーを楽しむ方法

すーさん
hueはキッチンがたくさんあるから、どこでもコーヒーをドリップしようと思えばできるんですけど、普通のオフィスだと給湯室やデスクだけでは狭くて、コーヒー淹れづらいじゃないですか。

中川さん
狭いオフィスでもコーヒードリップするのは簡単にできますよ。
僕はちょっと時間あったら美味しいコーヒーのみたいから
どこでも淹れられるようにミニマムなコーヒーの道具を用意しています。

すーさん
ミニマムな道具? 

中川さん
マイカップに直接、ドリッパーをセットするとこんな感じ。
coffee08.jpg
中川さん
たとえば、新幹線の座席で使うのはこのドリッパー。

ドリッパー01.jpg

中川さん
他にも折りたためるドリッパーもあって便利です。
ドリッパー03.jpg

中川さん
飛行機の座席でコーヒー淹れる時はエアロプレス使います。
ドリッパー05.jpg

すーさん
飛行機??

中川さん
そうです。飛行機で「あっついお湯ください」って言えば、
それだけでコーヒーが入れられます。
ちなみに、コーヒー豆は小さな小分け袋に分量を量って入れておいて。
コーヒーミルは機内持ち込みOKなんです。
ドリッパー04.jpg

すーさん
飛行機でコーヒードリップしようなんて思ったことなかった・・・
できるんですね。

中川さん
挽きたて淹れたてのコーヒーがあれば、長時間のフライトも快適ですよ。
ただ、飛行機の場合は急にぐらぐらすることもあるから、
ドリップではなくお湯がこぼれ難いエアロプレスが最適なんです。

中川さん
飛行機でも淹れられるんだからオフィスのデスクでドリップするのは簡単ですよ。
でもじっくり、ドリップしてる雰囲気じゃない!って時におすすめなのは、このセット。

すーさん
小さい急須ですね。これでドリップするんですか?

中川さん
いえいえ、実はこの急須に直接、ペーパーをセットするんです。
coffee09.jpg

すーさん
おおー、これは画期的。
たしかに挽きたてのコーヒーですね。

中川さん
いい香りもするでしょう。
水筒にお湯を入れて注いでもいいけど、マグカップにお湯を注いで直接注げば、
よりミニマムです。

すーさん
急須からコーヒーとは新鮮。でも合理的ですね。
このミニマムさを活かしてアウトドアでもコーヒー楽しみたいな。


中川さん
どんな場所でもコーヒーは楽しめますから。
オフィスでも、仕事の合間にコーヒーを淹れる時間が
リフレッシュさせてくれるかも。試してみてくださいね。

季節にあわせたアレンジコーヒーの紹介から、
どんなに狭い場所でも淹れたて挽きたてのコーヒーが楽しめる“ミニマム”な道具の紹介まで。
中川さんのコーヒー愛あふれるガイドのおかげで、
コーヒーを楽しむ旅はいったん終着点へ。
また冬の季節にもオススメのコーヒー教わりたいですね!
中川さん、すーさん、ありがとうございました!

_DSC8789.jpg

プロフィール 中川亮太
日本スペシャルティコーヒー協会認定:アドバンスド・コーヒーマイスター
生活を豊かに楽しくするために、コーヒーで出来る事は何でもチャレンジ!
愛称はVIVA(ビバ)。コーヒー産地で生産者とスグにアミーゴ(友達)になるのに産地の方が覚えやすいようついたコーヒーネーム。
アウトドアでのコーヒーを得意とし、ピクニックコーヒー、キャンプコーヒーが大好き。道具愛も強く、焙煎器から抽出器具まで様々な道具を自作。
「楽しむためのコーヒー」を日々追求。
最近天王洲にオープンした「IMA gallery / IMA cafe」では「ギャラリーのようなコーヒー」を開発。コーヒーを五感で楽しめる空間になっているのでよかったら遊びに来てください。
11:00-19:00(日・祝休み)ima-cafe.com

_DSC8806.jpg
プロフィール 鈴木孝彰
1984年生まれ、フォトグラファー。食を専門に広告ビジュアルを多数手がける。好きなものはコーヒー。昔はまったく飲めなかったのに、撮影の合間にスタジオのコーヒーを飲み続けたら、すっかりコーヒー好きになってしまったという柔軟性と適応力の持ち主。ペンギンのマイカップで、濃いめのどっしりしたコーヒーを飲むのが至福の時。

撮影・スタジオに関するお問い合わせはこちら


食の撮影スタジオヒューでは、一緒に働くメンバーを募集しています!
SB_RECRUIT.jpg

著者プロフィール

著者アイコン
株式会社ヒュー
株式会社ヒューは「食」を中心とした広告や商品パッケージの撮影から、レシピの開発・提案・クッキングの手配や出版物・WEB・デザイン・SNSを使ったコミュニケーションツールなど多彩にご提案が出来る「食の総合プロデュース会社」です。

関連記事