【二十四節気】hueごよみ 寒露(かんろ)

春夏秋冬をさらに細かく6つずつに分けた「二十四節気」。この特集では二十四節気をベースに、旬の食材紹介やそれらを使ったレシピ、季節を意識したスタイリングのコツなどを紹介していきます。

kanro.jpg

寒露

「寒露」は露が冷気によって凍りそうになるという意味。朝の空気は冷たく感じられ、秋が深まってくる。雁などの冬鳥が渡ってきて、菊が咲き始めるころ。
365VisualDB」より

簡単・お手軽・できる妻アピール ができる肴  

                  
食欲の秋。
旬なものがたくさんある時期です。今晩はなにを肴に飲もうか。。。そんなことばかり考えてしまいます。

今回は「おうち居酒屋プランナー」の脇田朋子さんに、「家族受けも良く、できる妻」をアピールでき、かつとても簡単、お手軽メニューを考案いただきました!

こんなメニューがおうちで!??

できちゃうんです!!

旬の食材 「鯖」   

                           
鯖には一般的に「ゴマサバ」と「マサバ」があります。
〆鯖に向いているのは「マサバ」で晩秋から翌2月までが最も脂がのり旬を迎えます。
新鮮な鯖の見分け方は目が澄んでいて身に張りがあるものが良いとされています。
鯖にはEPA、DHAと呼ばれる多価不飽和脂肪酸が豊富に含まれており、動脈硬化、脳卒中、高血圧等の生活習慣病予防にも効果が見られます。

10531000098.jpg

おうち居酒屋テーマ:「ご近所家族と運動会の打ち上げ宴会」   

      
パパ受けがよく、出来る妻をアピールできるお手軽メニュー


「運動会」「文化祭」「芋掘り」等々、お子さんの催し物が多くなる秋。子供達の頑張りをねぎらった打ち上げをおうちでご飯とお酒を楽しむ会「おうち居酒屋」でしてみませんか?ご近所のママ友やパパ友をお招きして旬を迎える鯖を使ったお料理でのおもてなしはお客様からも「出来る妻(ママ)」と高評価されること間違いなしです♪
和風の鯖料理は日本酒との相性の良さはもちろん、酸が強めでキンキンに冷やした白ワインや旬のすだちを絞り入れた焼酎と合わせても美味しく召し上がれます。

鯖の南蛮漬け

saba_nannbann.jpg

◇材料 4~6人分
鯖(ゴマサバでもマサバでも可)   1尾
酒   大さじ1
醤油   大さじ1
おろし生姜   小さじ1
片栗粉   適量
サラダ油   大さじ2
ごま油   小さじ2
玉ネギ   1個
人参   1/2本
ぎんなん(缶詰)   8粒
水   40ml
めんつゆ  50ml
すし酢   60ml
すだち   1個


◇作り方
① 鯖は3枚におろし、腹骨を包丁ですき取り、身の真ん中にある血合い骨を骨抜きで抜いてから削ぎ切りにする。
② ①に酒・醤油・おろし生姜をまぶして約10分置く。
③ ②の汁気を拭いてビニール袋に入れて片栗粉を加えて万遍なくまぶす。
④ フライパンにごま油を熱し、スライスした玉ネギ・千切りにした人参・汁気を切ったぎんなんを強火で1~2分炒めて水・めんつゆ・すし酢を加えて一煮立ちしたら火を止める。
⑤ ④を保存用タッパーに入れる。
⑥ フライパンにサラダ油を熱し、③をこんがりと焼いて⑤に漬け込む。
⑦ ⑥を器に盛り、スライスしたすだちを飾る。

【一口レシピポイント】
・ごま油で玉ネギや人参をサッと炒める事で漬けてからすぐに食べられる南蛮漬けになります。
・南蛮漬けに加える野菜はセロリ・みょうが・ピーマン等もオススメです。

すだち〆鯖の棒寿司

saba_suzhi.jpg

◇材料 4~6人分
鯖(マサバ)   1尾
塩   適量
酢   160ml
酒   大さじ2
みりん   大さじ2
すだちの搾り汁   40ml
米   2合
すし酢   適量
みょうが   3本
生姜   1片
白胡麻   大さじ1.5

れんこん   3cm
すし酢   50ml
砂糖   小さじ1
水   30ml

すだちの皮   適量


◇作り方
① 鯖は3枚におろし、両面に万遍なく塩をして60分置く。
② ①の塩を水で洗い流し、水気を拭いてバットに並べてキッチンペーパーをのせる。
③ 酢・酒・みりん・すだちの搾り汁を合わせて②にかけ、10~20分漬ける。
④ ③を取り出して腹骨をすき取り、身の真ん中にある血合い骨を骨抜きで抜いて皮を頭側から剥く。
⑤ ④の身の厚い部分は切り、しっぽに重ねて身の厚さをそろえる。
⑥ すし酢にみじん切りにしたみょうがと生姜を加え、熱いご飯に白胡麻と共に混ぜて酢飯を作る。
⑦ れんこんは薄くスライスしてすし酢・砂糖・水を煮立てた中に加えて2~3分煮る。
⑧ 押し寿司の型に⑦の酢れんこんを敷き、⑤の〆鯖・⑥の酢飯を加えて重しをして押し寿司にする。
⑨ ⑧を食べやすい大きさに切って器に盛り、すだちの皮を削ってかける。

【一口レシピポイント】
・鯖は皮目にしっかりと塩をすると薄皮がきれいに剥きやすくなります。
・鯖を〆る合わせ酢にはすだち果汁の他に柚子やカボス等でも代用できます。

撮影・レシピ開発、その他お問い合わせはこちらまで

フォトグラファー:大手仁志

http://hue-hue.com/media/sizzle001/ ←大手仁志関連記事

※「365VisualDB」は、アマナイメージズが提供するビジュアルデータベースサービスです。

著者プロフィール

著者アイコン
脇田朋子/おうち居酒屋プランナー
食品卸商社にて外食業界と中食業界向けのメニュー提案や商品開発を約12年経験。結婚・出産後、共働きで子育てをする中で食べる事の大切さと楽しさを改めて実感し、自宅にて「おうち居酒屋」パーティーを多数開催。ママだけではなくパパにも出来る簡単かつお客様にも喜ばれる「おうち居酒屋」メニューを日々試作研究中。料理教室「おもてなし亭」主宰。メニュー開発や商品開発、展示会用調理とディスプレイ、出張料理教室、ケータリング、撮影等々お料理やお酒に関するお仕事承ります。
http://www.wakitatomoko.com/
お問い合わせ

関連記事