【二十四節気】hueごよみ 小満(しょうまん)

春夏秋冬をさらに細かく6つずつに分けた「二十四節気」。この特集では二十四節気をベースに、旬の食材紹介やそれらを使ったレシピ、季節を意識したスタイリングのコツなどを紹介していきます。

shyouman.jpg

小満

草木がしだいに生い茂り、麦が穂をつけ始めるころ。沖縄では、次の節気と合わせた「小満芒種(すーまんぼーすー)」という語が梅雨の意味で使われる。
365VisualDB」より

旬食材「梅干し

梅干し.jpg

春が終わりを告げる頃、ふと見かけた梅の木にも、店先でも爽やかなみどり色の梅の実に出会います。次に訪れる梅雨を感じる瞬間です。湿度の高くなる梅雨から夏にかけて、この梅の実を塩と赤シソで漬けた「梅干し」が威力を発揮します。

すっぱい梅干し・・・ 酸っぱさのもとはクエン酸で殺菌防腐効果、疲労回復、食欲増進も。理に適っているなぁ、と思うのです。

これさえあればなんとかなる!?

万能梅ペーストさえあれば、旬の野菜をささっと切って和えれば和え物に。オイルを足してよく混ぜればドレッシングに・・・とあっという間に旬の野菜の1皿が出来る優れもの。梅干しの状態であるよりも、ペーストになっている方が断然出番が増えること間違い無し!!

小満_梅たたき.jpg

レシピ紹介

万能梅ペーストパスタ

小満_メイン.jpg

【材料・4人分】

好みのショートパスタ…350g
オイルサーディン…2缶
梅ペースト…大さじ2
オリーブオイル…大さじ2
ブラックオリーブ、芽ネギ…各適宜

【作り方】

1.パスタはたっぷりの塩を入れたお湯で袋の表示時間マイナス2分でゆでる。

2.フライパンにオイルサーディンをオイルごと入れて火にかける。木べらで軽くほぐしながら炒め梅肉ペーストも加えて混ぜ合わせる。

3.ゆであがったパスタとゆで汁をレードル1杯ほど②のフライパンに入れ水分を飛ばしながら強火で炒め合わせる。

4.お皿に盛りブラックオリーブのスライスと芽ネギをトッピングする。

アレンジレシピ紹介

「長芋の梅肉和え」

小満_アレンジ.jpg

皮を剥いた長芋をビニール袋に入れて綿棒で叩き、手でほぐす。刻んだみょうがと大葉、梅肉ペーストと醤油、ごま油少々で和える。

江戸時代から愛され続ける!?

煎り酒」

江戸時代には、醤油以上によく使われていたという「煎り酒」(いりさけ) 

日本酒に、昆布と梅干し、鰹ぶしなどを入れて煮詰めて作る調味料です。

純米酒…250cc
こんぶ…5cm角1枚
梅干し…3個
かつおぶし…5g

起源は古く、室町時代からのものとか。醤油ほど主張をせず、ほのかな酸味と日本酒の旨み、控え目な塩味のバランスが絶妙で白身魚など淡白な素材を食べる時には得におすすめです。簡単に手作り出来て保存もきくのでぜひ一度トライしてみて下さい。遠く江戸時代に思いを馳せて、こんな調味料を使ってみてはいかがでしょうか。 

撮影・レシピ開発、その他お問い合わせはこちらまで

Photo by 大野咲子

※「365VisualDB」は、アマナイメージズが提供するビジュアルデータベースサービスです。

著者プロフィール

著者アイコン
江口恵子/料理家・フードスタイリスト
ナチュラルフード&スィーツカフェ ORIDO.吉祥寺オーナー 
雑誌、広告、WEBサイト等で、素材感、空気感のあるスタイリングと実生活に根付いた提案が人気。講演会、料理教室、ケータリング、カフェ、とあらゆるシチュエーションで野菜たっぷりの美味しくて体に優しい料理を伝えるべく活動中。
http://www.natural-foodcooking.jp
2015年 5月 東京吉祥寺に ORIDO/オリド 吉祥寺をオープン
http://www.orido.liffe

著書:作って伝える 郷土ほっこりおやつ/子どもといっしょに季節の食しごと&保存食/オールアバウト 家事、食器・カトラリーガイド
http://allabout.co.jp/gm/gp/1273/
お問い合わせ

関連記事