海外で今、大注目の『ジャパニーズ・ヌードル』 ミラノの人気ラーメン『CASA LUCA 』に聞く、ラーメンのトレンドは?

昨年、ミラノで写真展を開催したhueフォトグラファーの大野咲子さん。ミラノでは草分け的存在である人気ラーメン店『CASA LUCA』(カーザルカ)とコラボレーションし、プロモーションムービーを制作しました。
オーナーシェフであるルカ・カタルファモさんは、日本のラーメンの大ファン。その様子は『YOUは何しに日本へ』(テレビ東京)でも取り上げられ、ついに地元ミラノで念願のラーメン店を開店、昨年は新横浜ラーメン博物館にて期間限定店を出店するほどに。
今回は、来日中のルカさんに、プロモーションムービーの感想や、日本のお客さんの反応、そして海外でのラーメン人気についてなど、いろんなお話を聞きに再び会いに行ってきました!

“パスタの国からやってきたラーメン”
日本人の反応は?


hue・昨年、フォトグラファー大野咲子さんとコラボレーションしたプロモーションムービーは、ルカさんのまわりでどんな反応でした?

あのプロモーションムービーを制作できて、本当に面白かった!サキコに初めてあった瞬間にとてもいいフィーリングを感じた事と、サキコの過去の作品を見ていたので、声をかけてもらった時に、「すぐに撮影したい!」と思っていたんだ。

実際まわりからの反響もすごく良かった。特にミラノではサキコの「日本人的な動画の作り方」はとても評判になったんだよ。サキコが持っている日本人的な視点や感覚がとても良い作品を作り上げるんだね。


hue・昨年から1年半にわたり、新横浜ラーメン博物館にて期間限定店を出店していたルカさん。“パスタの国からやってきたラーメン屋さん”と、出店前にはとても話題になりました。実際、ルカさんはパスタに使う小麦を使って麺を使っているそうですね、日本のラーメンとは異なるもっちりした食感や、ルカさんならではの個性的なスープは「病みつきになる」というお客さんもいたほど人気だったそうです。日本での出店はいかがでしたか?

今回は、新横浜ラーメン博物館から「出店してみないか」と声をかけられて、本当に僕はラッキーだったと思う。実は2年ほど前に、ミラノにある僕のお店へ足を運んでくれたスタッフの方から、アプローチされたんだ。 最初はとてもびっくりしたけど、実際に横浜に出店できて、多くの日本のお客さんが、僕のラーメンを歓迎してくれた。
僕のラーメンは日本の伝統的な作り方とは少し違うかもしれないけど、それをたくさんのお客さんが愉しんでくれてとても嬉しい。それは日本で期間限定店をオープンしたことの、一番の収穫だよ。
出店中、いろんなお客さんから感想をいただいたけど、日本の麺とは違うから「パスタっぽい!」とか「ラーメンじゃないみたい!」と言ってくれる人もいて。でも僕はどんな意見や感想も大歓迎。たくさんの日本のお客さんからコメントをもらえるのが嬉しかったよ。

rIMG_1775.JPG

日本での1日3食ラーメン生活で掴んだ、
理想のラーメンとは。


hue・ルカさんがラーメン屋さんになる決心した時のお話聞かせてもらえますか?

僕はもともと、違う料理のシェフをアメリカのニューヨークでしていたんだ。ちょうどその時、ニューヨークにオープンした『一風堂』のラーメンに出会った。美味しさにも衝撃を受けたし、同時になぜか、故郷のイタリアが思い浮かんだ。それがきっかけで「ラーメン」の大ファンに。
その後、もちろん日本含めて世界中のラーメンを食べてまわったんだ。特に日本では1か月滞在し、毎日3食ラーメンを食べて自分が作りたいラーメンのイメージを固めた。それで4年前にミラノへ帰り、「自分が食べたいラーメン屋を作ろう」と思い切ってお店を開いたのが始まりです。

hue・ミラノにあるルカさんのお店の看板メニューは『ペペロンチーノラーメン』。その他『ベジラーメン』など、ミラノ出身のルカさんならではのメニューが揃います。
もちろん横浜でも同じメニューが登場したんですが、日本のお客さんからはどんな感想がありましたか?

日本のお客さんが、伝統的な日本のラーメンとは違う、僕のラーメンを歓迎して、愉しんでくれていたのがなにより嬉しいです。売り切れになるメニューもたくさんあったし、リピートしてくれる人もいたし。 僕が興味深かったのは、ミラノのお客さんは、僕のラーメンを「とても日本の影響を受けている味わいだ」と言ってくれる。その一方で、日本のお客さんは「とてもイタリアの影響を受けた味わいだ」と言ってたのしんでくれる。リアクションが正反対でおもしろいです。

rIMG_6636.JPG

 ▲『CASA LUCA』ではペペロンチーノやベジラーメンといった個性的なメニューから、とんこつラーメンなどのベーシックなメニューも人気。

海外で人気!日本の麺ブーム。今後のトレンドは?


hue・海外では日本のラーメンがとても人気になりました。今までは「日本食」といえば寿司や割烹と言った高級なイメージだけでしたが、今はラーメンや焼きそば、うどんなど大衆的な料理として日本の麺文化はとても注目されているようです。ルカさんは今後、日本や海外のラーメンの人気はどんな風になっていくと思いますか?

この1年半日本に出店して感じたのは、日本の人達は新しいスタイルに対して、とても寛容で貪欲。とても積極的に新しいスタイルを知りたいと思っていますよね。
それに応えるように、日本のラーメン市場は、新しくて今までになかったラーメンのスタイルを作り出そうとしているお店やシェフが多い。そして日本のお客さんはそれを楽しみにしているように思います。
それに対して、ミラノのスタイルは、どちらかと言うと、トラディショナルなラーメンを食べたいと思っている人が多い。そういった意味で、日本とイタリアのトレンドは正反対と言えるね。僕のミラノの店に来てくれる人は、ほとんどがミラノ在住の現地の人なんだ。みんな「日本の大衆的な食文化」にとても興味を持っているし、愉しんでいる。日本と違う点は、友人や家族と来店してくれて、ワインとおしゃべりを楽しみながらゆっくりラーメンを食べるところかな。


rIMG_6650.JPG
rIMG_6623.JPG
hue・実際に新横浜ラーメン博物館ではとても人気で、お土産ショップでは、ルカさんの商品が売上が一番になることも!人気の『CASA LUCA』。横浜での出店はいったん終了となりますが、今後のプランを教えてください。

実はたくさんのプランが動いていて、イタリア以外での出店の可能性もあるんだけど、詳しいことはまだシークレットなんだ。僕のラーメンを楽しんでもらえるよう今後もいろんな事に挑戦し続けていきたいと思っています。
今、お知らせできるのは、ミラノにもう一店舗出店することが決まっている事。
その名も『CASARAMEN SUPER』。ここはなんと“居酒屋スタイル”! 愉しみでしょう。もちろんここでもラーメンメニューが楽しめます。ミラノに来る時はぜひ遊びにきてください。

hue・日本での期間限定店以外にも、ニューヨークでポップアップ店をしたり、昨年ハワイで開催されたラーメンイベント『CRASH of the RAMEN』にも出場したルカさん。日本のラーメン業界の人たちとの交流もあり、今後ますますの活躍が期待できそうです!!

ルカさん今日はありがとうございました!

 

この記事に関するお問い合わせはこちら 

『ミラノで写真展ひらいてみた』travel report vol1はこちら
『ミラノで写真展ひらいてみた』travel report vol2はこちら 
大野咲子インタビュー記事はこちら

著者プロフィール

著者アイコン
株式会社ヒュー
株式会社ヒューは「食」を中心とした広告や商品パッケージの撮影から、レシピの開発・提案・クッキングの手配や出版物・WEB・デザイン・SNSを使ったコミュニケーションツールなど多彩にご提案が出来る「食の総合プロデュース会社」です。

関連記事