【二十四節気】hueトレンド情報 立春(りっしゅん)

【季節の食トレンド情報】このシリーズでは季節ごとの旬の食材やレシピ、スタイリングのコツなど、これからトレンドになるかもしれない“美味しい情報”を二十四節季にそってご紹介します。今回、「立春」のクッキングを担当してくれたのはhue and.でも活躍する柳瀬真澄(M's)さん。

撮影はフォトグラファー森一樹が担当しました。

09508003470.jpg

「立春」

まだまだ寒い日が続くこの節気は、暦の上では陰暦の正月節で、ここからが春となる。実際の新しい季節は、まだ先ではあるが、草木が芽吹き、水面の氷が溶け始め、自然界でもわずかな春の兆しが感じられるようになる
365VisualDB」より

立春朝搾り

                                   
豆まきをして1年の厄を払ったり、これから迎える1年の健康を願い歳の数だけ福豆を食べたり、ご家庭でそれぞれの行事を行う節分があけると、「立春」の日を迎えます。
春の最初の日である立春。旧暦の頃は立春の日が1年の始まりと考えられていました。
春夏秋冬という言葉があるように、四季の始まりは春になります。暦上、新年は1月1日からですが、人々が生活を営む上での一年の始まりは春と捉えられていました。
節分がメイン行事となっている現代ですが、立春こそ華やかなお祝いをすべき日なのかもしれません。
気の合う仲間を呼んで、酒屋さんに予約をしておいた搾りたての「立春朝搾り」の日本酒で家飲みはいかがでしょう。
28144085600.jpg
※「立春朝搾り」とは・・・立春の未明に搾りあがったお酒を立春朝搾りといいます。長い冬が終わり、暖かな春の始まりのおめでたい日に搾った縁起のいいお酒です。

【食のトレンド】飾りロール寿司 

1970年代アメリカ西海岸を中心に寿司ブームが起こり、その中で生まれたのがカルフォルニアロールです。アメリカから逆輸入され今では日本でも洋風ロール寿司として定着しています。
このロール寿司は裏巻きという海苔が内側、ご飯が外側にくる巻き方で、具材はアボカド、サラダ、サーモン、ロブスター、天ぷら、チーズやマヨネーズ、チリソースなど多種多様です。
外側にも具材をトッピングする事ができるので、見た目も華やか。パーティーやおもてなしのシーンのフィンガーフードとして進化しています。デパ地下などでも飾りロール寿司のテイクアウトは人気ですが、お家でも簡単に作る事ができます。
トッピングや具材のちょっとした工夫で華やかに見える飾りロール寿司をぜひお試しください。

旬食材をつかったいろいろ飾ロール寿司

<材料 3本分>
ご飯・・・・600g
寿司酢・・・大さじ4
<作り方>
1温かいご飯にすし酢を加えてさっくりと切り混ぜ、冷まして寿司飯を作る。
 3等分に分ける。(これ以降の材料と作り方は下記に記載)

アボカドと生ハムの飾りロール

abokado.jpg
<食材>
アボカド・生ハム・木の芽・レモンの皮・海苔・竹の子甘辛煮・錦糸卵、菜の花、きゅうり
・それぞれを具材に巻き、淡いグリーンのアボカド、薄いピンクの生ハム、新緑の木の芽で春の訪れを演出します

甘エビと錦糸卵の飾りロール

ebi.jpg
<食材>
いくら・甘海老・花穂しそ・芽ネギ・薄焼き卵
・流氷が離れる頃に漁が解禁になる甘エビを具材に使い、オレンジのいくらと、薄焼き卵の黄色で春の暖かさを演出します。

帆立と菊の飾りロール

hotate.jpg
<食材>
帆立・食用菊(赤・黄)・三つ葉
・古来から不老長寿を願い食べられてきた食用菊。甘酢和えを酢飯に混ぜ込み、桜にみたてたホタテを飾り華やかさを演出。
桜の季節に思いを寄せた飾り寿司。

親しい友人や家族などと一緒に楽しいパーティにぜひ。


Photo by 森一樹

撮影・レシピ開発、その他お問い合わせはこちらまで


※「365VisualDB」は、アマナイメージズが提供するビジュアルデータベースサービスです。

著者プロフィール

著者アイコン
柳瀬真澄/フードコーディネーター・料理研究家
女子美術短期大学卒業後、㈱サンリオにてキャラクターデザイナーとして勤務。
退職後、大手料理教室の講師を経てフードコーディネーターとして独立。
代表を務める株式会社M‘sではフードコーディネーター、管理栄養士など、数名のスタッフとともに、広告、雑誌、書籍、パッケージなどの撮影やレシピ開発、またイベントなどでの料理教室やワークショップの企画運営など幅広く活動。

関連記事