【世界の食トレンド情報】秋、本番!この季節を楽しむ料理をご紹介

この記事では、世界中の人気フードブロガ―や、料理フォトグラファーが料理やレシピを紹介している『STOCK FOOD』より、今話題の食材や、料理、また世界の歳時にあわせた海外ならではの食をたのしむ情報をお届けしたいと思います。

SF秋05.jpg

日中の日差しは、まだ少し夏の名残りを感じますが、
朝夕のひんやりした空気は、本格的な秋のはじまりに気付かせてくれます。
これからやってくる秋をより楽しむために、『STOCK FOOD』から
この季節ならではのお料理やスタイリングをご紹介したいと思います。

本格的な秋に楽しみたい、
家庭料理と秋色スタイリング

本格的な秋。少しづつ肌寒くなり、夜も長くなります。
今のうちに、たっぷりの日差しを浴びて
秋の気持ちいい気候を楽しんでおきたいですね。
そんな季節には、心温まる家庭料理が一番。
日本でも、秋から冬は鍋を楽しむように、
海外でも温かい家庭料理を楽しむようです。

家族や友人と料理を囲む時は、秋らしい色あいの食材やスタイリングをつかって
この季節ならではのテーブルを楽しみましょう。

ブリオッシュにはチーズ!
家庭的な味を楽しみましょう。


SF秋02.jpg
『STOCK FOOD』で紹介されていたのはブリオッシュ。
普段は甘いソースなんかを合わせるのが一般的かもしれませんが、
ここではブリオッシュにお好みのチーズをあわせて。
とろけるチーズとブリオッシュは、どこかほっとする家庭的な味になります。
ぜひ試してみてください。

SF秋04.jpg
ミートパイなど、パイ生地を使ったオーブンお料理もこの季節の定番。
パイ生地は短いものがスタンダードかも知れませんが、
写真のように長めにのこすと、新鮮なスタイリングになります。

SF秋03.jpg

肉料理も、秋色の食材でまとめると、季節感が楽しめます。
テーブルのスタイリングには、あえて緑が鮮やかな植物を用意することで
過ぎてしまった夏を思い出す雰囲気になります。
家族や友人と、夏の思い出を語りながらランチを楽しむのもいいですね。

“食欲の秋”を楽しむかぼちゃのレシピ

日本では“食欲の秋”とも言われる季節。
秋ならではのおいしい食材を楽しみたいですね。
海外でも同じように、旬の食材を楽しみます。
特に秋を代表する、そして家庭料理の定番、
かぼちゃはこの季節はずせない食材です。

SF秋01.jpg
『STOKE FOOD』で紹介されていたのは「かぼちゃのリゾット」。
“いろんな国の良さを一緒に味わえるレシピ”と紹介されていて、
地元でとれたかぼちゃに、イタリア産の白ワイン、北海道産のチーズを使っているようです。アレンジの効くレシピなので、手に入る食材で、自己流にアレンジして楽しんでみてください。

【かぼちゃのリゾット】
準備~調理時間の目安・約1時間45分
難易度・中

材料
オリーブオイル 大さじ2
エシャロット 2つをみじん切り
にんにく 2かけをみじん切り
お米 175g
辛口の白ワイン150ml
ベジタブルストック 1000ml
生クリーム 80ml
かぼちゃ 1/4個を薄くスライス


1.フライパンにオリーブオイルをいれて、中火で加熱。
2.エシャロットのみじん切り、ニンニク、塩を適量炒める。
3.お米をいれて、透明になるまで2~3分炒める。
4.白ワインをいれて、沸騰させる。沸騰すれば弱火にして2分加熱。

5.ベジタブルストックを少しづつ加えてかき混ぜる。
6.オーブンを190度に温める。
7.お米がスープになじんだら生クリームを加えてかき混ぜる。
8.塩コショウをいれて味を調える。
9.耐熱容器にいれ、かぼちゃのスライスを載せてオーブンへ。
10.リゾットがキツネ色になるまで加熱。目安は30分~40分程度。
11.かぼちゃにナイフが通れば、
オーブンから取り出して5分程、粗熱を冷ます。
テーブルに出す時はサワークリームと
パルメザンチーズをたっぷりのせて味わいましょう。

かぼちゃはお料理の他にお菓子など、何かと使い勝手のよい食材です。
いろんなレシピをアレンジして、秋の味覚を楽しんでくださいね。

料理撮影に関するお問い合わせはこちら

シズルブログでは季節ごとに『STOCK FOOD』から届く世界の料理トレンド情報をお届けしていきます!どうぞお楽しみに!

『STOCK FOOD』とは
世界のフードシーンを取り揃えた、ハイクオリティーRMコレクション。色々な国の料理を始め、食材や、調理シーン、歳時の料理など、様々なシチュエーションのフードシーンが見つかるストックフォトサービスです。

著者プロフィール

著者アイコン
株式会社ヒュー
株式会社ヒューは「食」を中心とした広告や商品パッケージの撮影から、レシピの開発・提案・クッキングの手配や出版物・WEB・デザイン・SNSを使ったコミュニケーションツールなど多彩にご提案が出来る「食の総合プロデュース会社」です。

関連記事