hueand

COLUMN

hue andで活躍するフードクリエイター、テクニカルメンバー、
フードトレンド、イベントのご紹介を織り交ぜた、
コンシェルジュコラム。

hueandのクリエーター、事例に関する記事を検索できます。

清明

Column 「二十四節気」

二十四節気は、二十四節気は太陽の動きをもとにしています。
天候や生き物の様子を表す名前がつけられ、その季節ごとの細かな自然風土を把握するためのものでした。
二十四節気を意識することで、食の感じ方が変わったり、暮らしがより丁寧なものになります。
Column 「二十四節気」では、hueandのフードクリエイターによる、節気のエレメントに沿った食の表現、スタイリングなどをご紹介します。

今回、クッキングを担当してくれたのはhueandでも活躍する、料理家の佐藤めぐみさん。
撮影はフォトグラファー細見恵理が担当しました。

 

清明

「清々しい空気に満たされ、陽光が全ての物を明るく照らし出す」という意味の「清浄明潔」を略して名づけられた節気。雨上がりには美しい虹がかかる、この季節には、太陽を浴びた春の花が咲き誇り、小鳥たちが歌う。

 

花より団子。いや、おにぎり!?

桜の季節になりましたね。もうお花見はされましたか?
今回は、お花見にもピクニックにも持っていける一品料理で、桜を使ったものをご紹介します。
桜を使ったメニューが入るだけでぱっと華やぐ花見になること間違いなしです。
ただし、料理が見た目にも楽しすぎて「花より団子」になる予感になるかも・・・

桜も沢山種類がありますが、食用では主に花は「八重桜」葉は「大島桜」が使用されています。

 

「桜のおこわ」


【材料】
餅米…2合

A
桜の葉塩漬け…8枚
水…300ml
甘酒…大さじ2
味醂…大さじ1
フードカラー(赤)…少量

桜の花塩漬け(水に漬け塩出する)

【作り方】
1、餅米は水洗い後たっぷりの水に一晩浸けておく。
2、ボールにAの調味料を入れて一混ぜし、ザル上げした1を2時間浸ける。
3、2をザル上げし(漬け汁はとっておく)、ベーキングペーパーを敷いた蒸籠に桜葉を並べ、餅米をのせて蓋をし強火で45分蒸す。
※15分に1度、漬け汁(約50ml)をふりかける。
4、蒸し上がったら、桜の花を飾る。
5、お好みの量を手にとりおにぎりにする

 
………………………………………………………………………………………

<今回ご協力いただいたクリエイター>

佐藤めぐみ/料理家

長年、調理師専門学校に勤め料理やお菓子の基本・応用を会得。
調理師専門学校退職後2000年、美味しく、楽しく、心地よくをモットーに’佐藤めぐみのキッチン工房’を開設。傍ら料理講師としても活動中。また作陶歴20年、土鍋やすり鉢等オリジナル食器や道具の製作も手がける。
栄養士、調理師、製菓衛生士、調理師専門学校教員、介護食士2級、各資格修得
著書に『かんたんピーラーレシピ 時短、ヘルシー、おいしい123レシピ 』(マイナビ)がある。

CONTACT

hue_and@hue-hue.com

【担当】 森河 ・ 高橋

会社概要

株式会社ヒュー

設立2005年3月
所在地東京都港区海岸3-5-1
主な事業内容広告を中心とするビジュアル制作事業
資本金1,000万円(株式会社アマナ出資比率:100%)
従業員数40名(2018年4月1日現在)
URLhttps://hue-hue.com/