伝わる撮影テクニック!vol1 箸あげしたらおいしさ倍増!

伝わる撮影テクニック!vol1 箸あげしたらおいしさ倍増!

美味しそうな料理を目の前にすると、パシャりと一枚おいしそうな写真を撮りたくなりますよね。
話題のレストランや、旅先で出会ったお料理は「おいしそう!」という気持ちをそのまま写真に表現したいものです。

そんな“おいしさが伝わる”ための撮影テクニックを、
食の撮影を専門とするヒューのフォトグラファーがお伝えします!

今回お伝えするのは『箸あげ』のテクニック。
広告写真やパッケージ撮影の世界では王道の表現方法ですが、実は誰でもスマホで撮影できます。
必要なのはちょっとしたコツと、“右手で箸あげ左手でスマホ撮影”ができる勇気があるかどうか。
さっそくチャレンジしてみてください!

おいしさが“伝わる”撮影テクニック!

まずはご自身のスマートフォンの中に保存している料理写真を振り返ってみてください。
こんな写真、撮影していませんか?

彩味1.jpg
▲おいしそう、、、だけどなにか今一つ!

その料理の魅力をぐっと表現するためには“動き”を意識して撮影することです。
撮影するフレームの中に何か動きがあると目を引き付けます。

彩味2.jpg
ラーメンで言えばスープの中から麺を
ひと摘み持ち上げることでよりおいしさが引き出せます。

料理を食べる瞬間にどんな動きがあるか注目してみましょう。
箸上げで美味しさが表現できるのは、麺だけじゃないんです!


箸上げ集合1.jpg

箸上げ集合2.jpg

慣れると簡単!誰でも出来る箸あげカット

箸上げカットをスマホで撮る一番のコツは
なんと言っても「右手に箸あげ、左手にスマホ」というスタイルです。
最初は難しいし、飲食店で撮影するのは少し気恥ずかしさもあるかも知れませんが、
勇気をもって挑戦してみましょう。伝わる“おいしさ”が全く違います。

箸上げ人.jpg
▲一人で撮影するときは少し勇気が必要かも知れません。

麺箸あげの極意!ちょい上げがポイント!

それでは麺類の箸上げについてご説明しましょう。
先ずこちらの写真をご覧ください。

箸上げNG.jpg
▲まさに食べる直前!というライブ感はありますが、麺が散らかっていて気になってしまいます。きれいに麺をそろえるひと手間を加えましょう。

まずは被写体となる料理の具材を整理しましょう。
箸に麺を絡ませて、ここで上げる距離がポイントです!

おいしく見せるポイントは、ちょい上げ!
お箸のちょっとした持ち上げ方でもおいしさの伝わり方が変わります。

箸を上げすぎると麺だけが写り、全体の美味しさが伝わってこない写真になってしまいます。
箸をちょい上げすることで麺と器全体もバランスよくフレームにおさまります。

箸上げ上げすぎ.jpg
▲器から箸まではだいたい約15cm。これだと麺ばかり強調された写真になってしまいます。

ここまで持ち上げると食べる臨場感は表現できますが、おいしさ表現は薄れてしまいます。
特にスマホのレンズは広角レンズです。その特徴のひとつは手前が大きく奥が小さくなること。
この原理から箸上げの距離を高くするとレンズから一番近い箸先が大きく奥の丼が小さくなってしまいます。
麺の迫力は伝わりますが、ラーメン全体は印象が弱くなってしまいます。
そこで箸上げの距離を低めにしてみましょう。
箸をちょい上げすることで麺と器全体もバランスよくフレームにおさまります。


箸上げOK.jpg
▲器から箸までは約5cm。これくらいの距離がベスト。麺もきれいに整理されて全体がうまくフレームにおさまっています。

箸上げの応用編!蓮華上げに挑戦


蓮華盛り付け.jpg
箸上げを応用して、蓮華上げにも挑戦してみましょう。
この場合は、小籠包やお粥、具材の多いスープに活用できます。
まずはメインとなる食材を盛り付け、見た目を整えましょう。

ポイントとしては具材がしっかり見えるように事前に蓮華の上をととのえていくことです。
今回は鶏肉のおかゆだったのでお肉の形のよさそうなところを追加してみました。
次に蓮華の位置がどれくらいの高さが適正なのかを検証してみましょう。
最初にこちらの写真をご覧ください。

蓮華持ち上げちょい上げ.jpg

まずは蓮華をあまり持ち上げない状況です。
この場合、料理の盛り付けをあまり崩さずに動きのある写真が撮れます。
盛り付けもかわいい!でも蓮華持ち上げで表情の変化も欲しい時などにおすすめのスタイルです。

蓮華持ち上げ.jpg

こちらは蓮華を完全に持ち上げた写真で、より蓮華の存在感を感じさせられる写真になります。
例えばお粥など盛り付けにあまり変化の無い料理は蓮華の中でおいしさを表現しても良いかと思います。

シャッターを押す前のちょっとした一工夫で、おいしさが伝わる度合いが変わってきます。
今回ご紹介した箸上げ以外にも、スマホ撮影のテクニックはたくさんあるので、どうぞ次回の記事もご期待ください!


箸あげしたらおいしさ倍増!撮影ポイントまとめ
1 料理の動きに注目する
2 慣れれば簡単、右手に箸上げ、左手にスマホ
3 ポイントはちょい上げにあり!
4 レンゲも活用しておいしさ倍増!

著者プロフィール

著者アイコン
シズル撮影専門のクリエイターチーム・ヒュー
ヒューは食の撮影に特化したフォトグラファーが多数在籍しています。スチール撮影からパッケージ撮影、動画などシズル感のある表現で「おいしい」が伝わるビジュアルをご提案していきます。
お問い合わせ

関連記事