hueスタッフ自慢おいしいもの!ふるさと・台湾編

「どこ出身?」とふるさとの話になると、かならず「これがおいしいんですよ!」と食べ物の話に着地するヒューのスタッフ。日々、ビジュアルでおいしさを伝えるお仕事をしているヒューならではです。この記事では、そんなヒュースタッフの“ふるさと自慢のおいしいもの”を紹介してもらい、その魅力を “写真”で伝えてもらいます。

今回、ふるさと自慢をするのは台湾・台北市出身の盧 瑞亭(ろ ずいてい)さん。入社1年目のアシスタントプロデューサーです。
そして写真撮影を依頼されたのは上海出身のフォトグラファー許 嘉珉(きょ かみん)さん。お二人に台湾スイーツの魅力を語ってもらいました。

台湾の定番!タロイモ・スイーツ

盧 こんにちは。私は台湾出身で2008年の留学をきっかけに来日。東京で暮らして11年がたちました。
今回は、台湾の定番スイーツを2つご紹介します。
まずは、紫のお饅頭。これは芋頭酥(ユイトゥツスー)と言います。
文字の通り、芋を使ったスイーツなのですが、台湾で芋といえばサツマイモではなくタロイモです。
料理にもお菓子にも、本当によく使われています。私の母もタロイモを使ったお粥など、たくさん作ってくれていました。
小さい頃はそんなに好きではなかったのですが、日本に来てからは好き嫌いがなくなり、タロイモのお菓子も美味しいと思うように!
(ちなみに、ウニも苦手でしたが、日本に来てからは大好きになりました。)

640190912_sizzleblog_4.jpg
▲今回、台湾のお菓子を紹介しれくれた盧さん。「日本のウニはおいしかった・・・。」

190912_sizzleblog_3.jpg

 (撮影・許 嘉珉)

ちなみに中国語で“酥”というのは小麦粉を練って油であげたものを意味しています。
この芋頭酥は、台湾ではポピュラーなお菓子。空港や駅前などお土産屋さんでも売っています。

お月見の時期に食べる伝統菓子

もうひとつは中に卵の黄味が入っているお饅頭のようなもの。
これは中華圏には多い伝統的なお菓子、蛋黃酥(タンファンスー)です。
台湾では9月の満月に家族で集まる伝統的な歳時『中秋節』があります。
日本では十五夜にお月見団子を食べるように、台湾では蛋黃酥を持ち寄って家族で食べます。
このお菓子はお店によって様々な味があるので、ぜひ台湾に行った際にはお気に入りの味を見つけてみてくださいね。
ちなみに私は粒あんよりこし餡派です。

190912_sizzleblog_2.jpg

 (撮影・許 嘉珉)

▲日本のお饅頭に比べてボリュームのある蛋黃酥。黄味のこってりした味わいがやみつきになります。

台湾にいくならオススメしたい本屋さん

11781864_10153480178292509_2326453615910476315_n.jpg
11156162_10153429443242509_754776745385183310_n.jpg
▲台湾の祖母の家です。昔からの建物や壁があり懐かしい雰囲気です。

話はそれますが、、、もし台湾に旅行に行くならぜひ立ち寄ってほしいのが『誠品書店』という本屋さん。
昔は学校をさぼってでも、この本屋に通い、たくさんの本に出会いました。
高くて買えない本もありますが、海外のデザイン本や写真集など見ているだけで幸せを感じます。
台湾には何店舗かあり、私が通っていたところはクラシック音楽が流れ、らせん階段があり、
木でできた床がギシギシと音をたてるノスタルジックな雰囲気がとても素敵でした。
他にも24時間営業の店舗もあり、あえて深夜に訪れ、たくさんの本に囲まれる静かな空間を楽しんでいます。

RNI-Films-IMG-B0C12850-28B1-4B6F-AB4C-ACF1B54A957D.jpeg

RNI-Films-IMG-E0DCB765-C7B8-4464-A0BD-AF3045887783_(1).jpeg
▲“世界で最もクールな本屋”と言われる『誠品書店』今年10月には日本橋『室町テラス』にもオープンしました。

撮影は、フォトグラファーの許カミンさんにお願いしました。
上海出身のカミンさんは、友達のような感覚でとても気が合います。
アイデアが豊富だし、このスイーツの事も説明しなくてもわかってくれるので
「好きなように撮ってください!」とお願いしました。

448IMG_6207.jpg
▲「岡本太郎の奇想天外なオブジェクトが大好き」という許カミンさん。写真は上海出張の時の一枚です。

インスピレーションは太陽と月

w190912_sizzleblog_5.jpg

 (撮影・許 嘉珉)


 今回、盧さんから撮影を「お任せします!」と言われて
自由に撮影させてくれたので、とても楽しかったです。
盧さん、僕のことを信頼してくれてありがとう。
今回紹介する2種類のお饅頭はまん丸で、中には球状に餡が入っていました。
それをみて、“月と太陽”や、“陰と陽”というイメージがわきました。
2つが対極にあるような撮影をすることに加えて、
僕の好きな岡本太郎の『太陽の塔』をモチーフに選び、オブジェ的な絵を作ってみました。

640akb.amana.jpg
▲食べ物を“おもちゃ”のように捉え、遊び心ある絵に仕上げていく許カミンさん。
ユニークで独特の世界感は彼のインスタグラムでも見ることができます。


 台湾は旅行した事があって、夜市でおいしいものをたくさん食べたのが一番の思い出です。
今度は台南にも行ってみたいです。

 台南は料理がとても美味しいですよ!台北とはまた違った料理が楽しめます。
伝統的な台湾料理から屋台の食事まで、ほんとうに何を食べてもおいしい。
グルメな人は台南がおすすめです!

盧さん、許くん、台湾スイーツの撮影ありがとうございました!今後は台湾や上海のおいしいお料理も教えてくださいね。
ヒュースタッフおいしいもの自慢は次回に続きます!
お問い合わせ

関連記事