料理と食卓を囲む時間を届ける「伝説の家政婦」タサン志麻さんインタビュー

「伝説の家政婦」と言われている方をご存知でしょうか?
メディアでも度々取り上げられ、レシピ本も多数執筆されている、タサン志麻さんです。
また、NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』にも過去2回登場し、年間最高視聴率を記録。料理イベント・セミナーの講師や、食品メーカーのレシピ開発など多方面で活動され注目を集めています。
志麻さんが家政婦という立場で食に関わるようになった経緯から、食に対する想いまでお話をうかがいました。

料理の道に進んで出会ったフランス文化

――まずは志麻さんのご活動内容について教えてください。

タサン志麻さん(以下敬称略) 基本は家政婦がメインの仕事です。
今は子供が小さいのでお休みしていますが、依頼のあったご家庭で作り置き料理を作っています。
最近はメディアの仕事として、本の制作やレシピ開発も行っています。
志麻さん2.jpg
――家政婦のお仕事を始められたきっかけや経緯は?

志麻 家政婦の前はフランス、そして日本のフレンチレストランで働いていました。
料理の世界に入ったきっかけは、料理好きだった母の影響です。
母は看護師で帰り時間も遅かったんですが、それでも毎日料理を作ってくれました。
印象的だったのは、母が「今日は何を作ろうかな!」と毎日楽しそうに料理をしていたこと。
そういう姿を見て育ったこともあり、料理の世界に興味を持つようになって調理師専門学校に進みました。

――そこでフランス料理を学ばれたんですね。

志麻 最初は和食の道に進もうと思って入学したんです。
でも授業を通して出会ったフランス料理に目覚めました!
私は田舎育ちで、それまでフランス料理を作るどころか食べる機会もほとんどなかったのですが、世の中にこんなにおいしくて、奥深い歴史や地方性がある料理があるんだとすっかり魅了されて。
そこからフランス自体が大好きになって、映画や絵画や文学など料理以外の文化についてものめり込んでいきました。

志麻さん1.jpg

フランス料理は堅苦しいもの?

――そこからフランス料理の道に進んでフレンチレストランで働かれたんですね。
実際に働いてみてどうでしたか?

志麻 私がいろいろな文化を通して知ったフランス料理は家庭料理でした。
でもレストランで見た光景は、かしこまった空気の中でお客さんが緊張して料理を食べている様子だったんです。
「もっと気軽に楽しく食べられる家庭料理もあるのに……」と思うようになると、だんだんレストランで働くことに違和感を覚えるようになっていったんですよね。
とはいえ周りの仲間の最終目標はやっぱり自分のお店を持つことだったし、誰にも相談できずにしばらくは悩みながら仕事を続けていましたが、結局自分の料理に対する想いとの葛藤に限界を感じて辞めることにしました。
その後フランス人が多く働くお店でバイトをしていて、そこで今のフランス人の主人と出会いました。
フランスの家庭料理を学びたい、伝えたいという想いは持ち続けていたものの、生活のために働かなければいけない。
かといってレストランに戻るつもりもない。
そこで思いついたのが、フランス人の家庭のベビーシッターをすることです。
そうすれば日本にいてもフランスの文化に触れることができて家庭料理が学べるのではないかと。
それで2015年12月に、家事代行マッチングサイトに登録し、家政婦として働き始めました。。
志麻さん4.jpg
――そういう関わり方を思いつくところがすごいです!

志麻 結局フランス人のお客さんはゼロだったんですけどね(笑)。
さらに仕事を始めた当初は家事代行の主流はお掃除で、料理だけを依頼されることもなかったので、掃除でも何でも家事全般を引き受けていました。

――今までの仕事内容からずいぶん変わって戸惑いはありませんでしたか?

志麻 そうですね。
それまではけっこう有名なフランス料理店で働いてきて、周りからも期待されていたので、「なんで家政婦になったの?!」と言われることもありましたし、自分自身の中でも葛藤はありました。
でも仕事を受けていくうちに、私の経歴を見て料理だけで依頼してくれるお客さんも増えていったんです。
そこで作り置き料理として普通に家にある材料を使ってフランスの家庭料理も取り入れるようになりました。
作り置き(夏).jpg
作り置き(離乳食).jpg

おうちでフランス料理は作れます!

――レストランで働いていた時とは全く異なる状況でフランス料理を作るようになったんですね。

志麻 そうなんです。
昔の自分だったら、材料や道具にもとことんこだわって、「これがないと作れない!」と思っていたことが、意外とどこの家庭に行っても作ることができて、私自身も嬉しかったですね。

それと同時にみんなにも家庭で気軽にフランス料理を作って楽しんでもらいたいなと思うようになりました。
フレンチレストランだと小さいお子さんは連れて行けないし、ご年配の方はどうやって食べたらいいのかマナーやルールが分からないといって足が遠のきがちなのはもったいないなと。

――働く環境は変わっても、やりたいことはぶれなかったんですね!
家政婦として働くようになってから、レストランでは考えなかったことや気づいたことはありますか?

志麻 当たり前のことですが、各家庭で何もかも違うということです。
食材にかける費用もそれぞれで、塩一つとっても全然違いますし、鍋の大きさやコンロの数も違います。
さらに家族構成も様々で、各家庭に好みの味があります。

そこで実感したことは今のレシピ作りにもすごく役立っているんです。
食材選びも道具や設備も各家庭によって異なる中で、レシピ通りにいかないことは当たり前なんですよね。
さらに切り方や火の強さも人それぞれ。
だから伝えるポイントをおさえた、より丁寧なレシピ作りを心がけるようになりましたね。

作りおき5(縦).jpg

食卓から家族の意識を変える

――これからやりたいことについて教えてください。

志麻 私が思うフランス人の良いところは、食事の時間をすごく楽しむことです。
フランス人のお母さんを見ていると、普段の料理は本当に簡単な調理法で作っているんです。
メインの料理を煮込んだり、オーブンに入れている間にお母さんも一緒に食卓を囲んでワインを飲みながら前菜を楽しんで、メインが完成したら大皿や鍋のままポーンと出して、それぞれで取り分けて食べるんです。
家族みんなで一緒に食事を楽しめる文化って素敵ですよね!
©青木和義_リサイズ.jpg

©マガジンハウス/青木和義


――特に昔ながらの日本の家庭では、お母さんはキッチンに立ったままということも多いですものね。

志麻 こういうフランスの家庭料理を知ってほしいし、楽しんでほしい。
家にある材料でできる料理がいっぱいあるので、みんなの料理の定番の一つになるような、気軽に作れるレシピを提案して、フレンチへの意識を変えていきたいですね。

食べることって家族で唯一できる共同作業だと思うんです。
だからその時間を楽しく、少しでも長く過ごすことが重要じゃないかなと。

ところが家政婦の仕事をしてみると、みなさん共働きで作るどころか食べる時間もちゃんと持てないぐらいに忙しいんです。
そういう方たちに料理だけではなく、食事を楽しむ時間も届けてあげたいと考えるようになったんです。
私一人の力では社会の仕組みを変えることはできません。
でも今まで毎日仕事帰りに飲みに行っていたお父さんが、家に帰って家族と食事を楽しみたいと思ってもらえるような食卓を作ることはできます。
そう考えるようになってからは、家政婦という仕事に対してより誇りを持てるようになりました。
志麻さん3.jpg

食卓を囲む時間の大切さ。
志麻さんの想いが詰まった料理は、家族の意識を、そしてその先の社会を変える力を秘めています。

INFO:
新刊情報
Cover_191128_志麻さんの気軽に作れる極上おやつ.jpg
『志麻さんの気軽に作れる極上おやつ』(マガジンハウス)


cover_191211_志麻さんのおうちごはん(帯あり).jpg
『志麻さんちのごはん』(幻冬舎)


shimasan_coverx_CC2019_販促用0204.jpg
『伝説の家政婦 志麻さんがうちに来た! ワーママでも簡単! 子どもが喜ぶおうちレシピ61』(世界文化社)

著者プロフィール

著者アイコン
株式会社ヒュー
株式会社ヒューは「食」を中心とした広告や商品パッケージの撮影から、レシピの開発・提案・クッキングの手配や出版物・WEB・デザイン・SNSを使ったコミュニケーションツールなど多彩にご提案が出来る「食の総合プロデュース会社」です。
お問い合わせ

関連記事