「じゃがいものおいしい季節はペルー料理を作ろう」世界を旅する料理研究家ヤミーさん・レッスンレポート編

「じゃがいものおいしい季節はペルー料理を作ろう」世界を旅する料理研究家ヤミーさん・レッスンレポート編

世界を旅する料理研究家・ヤミーさんの料理教室『Yummy's Cooking Studio』
世界の料理を学べる教室の体験レポートをお届けします。
今回のテーマは「ペルー」です。
レッスンの様子と、家庭でも作れるレシピをご紹介します!

美食大国?! ペルーってどんな国?

ペルーと聞いてどんなものをイメージしますか?
インカ帝国、世界遺産の『マチュ・ピチュ』や『ナスカの地上絵』、アンデスのフォルクローレの楽曲『コンドルは飛んでいく』……。
これはすべて南米ペルーを代表するものです。
しかし今、美食大国として注目されていることもご存知でしょうか?
「World Travel Awards 2019」で「World’s Leading Culinary Destination 2019 (世界最優秀グルメ観光地賞)」を受賞、なんとこれは8年連続受賞なんです!
今や世界中の美食家が訪れる国となっています。
日本にもまだ数は少ないものの、郷土料理からフュージョン料理まで味わえるレストランがあります。

首都はリマ、公用語はスペイン語、ケチュア語、アイマラ語。
ペルーと言えばアンデス山脈のイメージが強いと思いますが、南北縦に長い国土の西側は太平洋に面し、海の幸、山の幸が豊富なことも特徴です。

地理的には日本の裏側に位置する遠い国に思われますが、ペルーには日系移民も多く、ペルー料理と和食が融合した「ニッケイ料理」というジャンルもあり、なんとペルー産の醤油もあります!
ヤミーさん1.jpg
食材.jpg
食材2.jpg
そしてペルーはじゃがいも発祥地とも言われ、料理でもふんだんに使われています。
日本は今、新じゃがが出回る季節。
今回のテーマにペルーが選ばれた理由も、おいしいじゃがいもが味わえる季節だからだそうです。

初めてでも安心、どんな国の料理だって作れます

レッスンはこうした料理の背景の説明からスタートします。
馴染みのなかった国でも、こうしたお話を聞くとぐっと身近なものに感じられますよね。
その後は、レシピの説明、実習、試食、片付け、という流れでレッスンは進みます。
教室.jpg
本日のテーマは、ペルー料理。
前菜、メイン、デザートまで4品を作ります。

「じゃがいものチーズソースがけ パパ・ア・ラ・ワンカイーナ」
「いかのマリネ セビーチェ・デ・カラマール」
「牛肉の炒め物 ロモ・サルタード」
「キャラメルサンドクッキー アルファフォーレス」

現地の言葉だけ見ると、なかなか耳慣れないものばかりですが、材料も作り方もいたってシンプル。
ヤミーさんの料理教室では、手に入りやすい食材で日常の食卓にも加えられる料理を学べることが特徴です。
レッスン1.jpg
本日の生徒さんは11名。
初めての方から長年通われている方まで、年齢や職業も様々です。
この日は1歳のお子さん連れの方もいらっしゃいました。

ウェルカムドリンクはペルーの温かい紅茶。
ペルーにはお茶が多く、ハーブや穀物から抽出したものなど様々なお茶があるそうです。
ウェルカムドリンク4.jpg
ウェルカムドリンク5.jpg
ヤミーさんは本日の料理の作り方を1品ずつ丁寧に説明していきます。

「肉はチンジャオロースよりも少し太めに切ってくださいね」
「このクッキーはちんすこうのような食感かな」

身近な料理に置き換えて説明してくれるので、遠い国の料理がぐっと身近なものになります。
実習に入る前にしっかりと時間を取ってレシピを説明する理由はヤミーさん曰く、料理は完成形のイメージができないと作れないそう。
生徒さんが迷わないように道筋をつけ、みんなの気持ちを揃えてから実習に入ることで、分からないことが出てきても生徒さん同士で確認し合うなど、みんな助け合って料理ができるそうです。
レッスン2.jpg
本日のレッスンのポイントは、イカを柔らかく煮る方法とのこと。
ヤミーさんのレッスンでは、このように国のジャンルを越えてすぐに応用できる料理のコツが盛りだくさんです。
イカ2.jpg

すぐに食卓に出したくなる料理がオンパレード

いよいよ実習スタート。
レッスンは生徒さんみんなが手を動かす、実習形式で行われます。
ヤミーさんに教えてもらうと、野菜のみじん切りなどちょっと面倒なものもあっという間にできてしまうんです!
また野菜の水切りなど当たり前に思っていたものも、ちょっとやり方を変えるだけで時間短縮。
調理シーン2.jpg
レッスン3.jpg
調理シーン4.jpg
レッスン4.jpg
生徒さんは料理の初心者からプロまで様々ですが、それぞれ新たな発見があり、とっても楽しそう!
最初は遠慮し合っていた生徒さん達もどんどん積極的に手分けすることでさくさくと料理は進み、あっという間に全4品が完成しました。

試食タイムは、ヤミーさんセレクトのワインと、ペルー産のジュースで乾杯からスタート。
初めて食べる料理でも、その背景を聞き、実際に手を動かして作った料理は本当においしく、おうちですぐに作りたくなるようなものばかり。
食好きの生徒さんの会話も自然と弾みます。
ワイン.jpg
乾杯.jpg
タイトル.jpg

作ってみよう! おうちでペルー料理

では実際にペルー料理を作ってみましょう!
今回はレッスンから1品、「いかのマリネ セビーチェ・デ・カラマール」のレシピを教えてもらいました。
セビーチェ.jpg
「いかのマリネ セビーチェ・デ・カラマール」
材料(4人分)
 やりいか………………1杯(約250g)
 玉ねぎ…………………1/2個
 パプリカ………………1/4個
 Aレモンの絞り汁……50cc(約2個)
 Aゆずこしょう………小さじ1/2
 Aパクチーの葉………みじん切り大さじ1
 A塩……………………小さじ1/4
 Aこしょう……………少々
 <付け合わせ> 
  さつまいも…………1/2本(約150g) 
  オレンジジュース…100cc
  水……………………適量
  サニーレタス………2枚

作り方
①付け合わせの準備 
付け合わせのさつまいもは、2cm輪切りにして皮をむき、半月に切って鍋に入れる。オレンジジュースを注ぎ入れ、ひたひたになるように水を注ぎ、アルミホイルを落とし蓋のようにのせて、中火で15分ほど、柔らかくなるまで煮る。サニーレタスは食べやすくちぎってお皿に敷く。

②いかの準備
いかは足と胴にわけ、目とワタは切り落とす。鍋に入れて水をかぶるくらい注ぎ入れ、中火にかけて3〜4分ほど、銅がぷっくりと膨らむまで茹でる。ボウルにとって水であらい、皮と吸盤をこすりとったら、水気を切って、胴とえんぺらは2cm角、足は2本ずつに切り分ける。

③マリネ液を作る
ボウルにAの材料を入れて混ぜ合わせ、玉ねぎは薄切り、パプリカはみじん切りにして加える。②のいかを加えてあえたら、サニーレタスを敷いたお皿にのせ、さつまいもを添える。


『Yummy's Cooking Studio』は、ヤミーさんの人柄を表すような、明るくてワクワクする楽しい料理教室でした。
次回はまた季節を変えて、世界の料理を教えてもらいます。
どうぞお楽しみに!

INFO:

Yummy's Cooking Studio(ヤミーズクッキングスタジオ)
世界を旅する料理研究家ヤミーの会員制プライベート料理教室。
前菜からメイン、デザートまで、毎回お腹がいっぱいになる量の世界のコース料理を「まなぶ、つくる、たべる」レッスン。アットホームな雰囲気のなかで、テレビや雑誌では紹介できない、調理の初歩の初歩からレッスンしますので、未経験の方もお気楽にご参加いただけます。

ヤミーブログ https://ameblo.jp/3stepcooking/
料理教室HP https://www.manabi-abc.com/p/15/

※「世界の料理を日常の食卓に」世界を旅する料理研究家ヤミーさん・インタビュー編の記事はこちら

著者プロフィール

著者アイコン
株式会社ヒュー
株式会社ヒューは「食」を中心とした広告や商品パッケージの撮影から、レシピの開発・提案・クッキングの手配や出版物・WEB・デザイン・SNSを使ったコミュニケーションツールなど多彩にご提案が出来る「食の総合プロデュース会社」です。
お問い合わせ

関連記事