「買い物に哲学を、食卓に愛を」 FOOD VOICE代表・今野徹さん【後編】

2015年に清澄白河にオープンした
『北海道ナチュラルチーズ・コンシェルジュ チーズのこえ』
それまでナチュラルチーズといえば輸入品が主流でしたが、
改めて国産の味わい深さに注目があつまり
たくさんのメディアでも取り上げられた人気店です。
前回に続き代表の今野徹さんにお話しをうかがいました。

前回のインタビューはこちら「チーズを通して我々は何が約束できるのか」 FOOD VOICE代表・今野徹さん【前編】

顔と顔を合わせて伝えられること

ーー2019年夏には、同じ清澄白河に新しい店舗『野菜のちから』をオープンさせました。
お店には農家さんから直接送られてくる自慢の野菜や果物、
選りすぐりの調味料、そして国産小麦を使った人気店のパンも並びます。
今まで『チーズのこえ』で月2回開催していた野菜の朝市が好評だったことと、
「野菜はチーズと違って毎日食卓にあるべき」という今野さんの思いから常設店を作ったそうです。

s200115_hueblog0380.jpg

ーー『野菜のちから』へ行ってみると、お店とお客さんとの会話が弾んでいました。
手にとった野菜のおいしい食べ方や、どんなところで作られているかなど
テンポの良い会話が次々聞こえてきます。
普通のスーパーにはない活気ある雰囲気。
横で聞いていると野菜を買ってかえって料理をするのが楽しみになります。

今野徹さん(以下敬称略) 今は人手不足の解決や合理化のために自動レジ導入が進み、
スーパーでも会話らしいものがないまま買い物が完了しますよね。
でもそんな“買い物”に飽きているんじゃないかなって。
『野菜のちから』は昔の八百屋さんと一緒で、POSシステムではない。
お客さんの顔を覚えていて、この間の野菜どうでした?こんな風にして食べたんですよ、
そういう会話が当たり前になっています。
この光景をここから取り戻していきたいですね。
僕自身も野菜は行ける範囲で生産者さんへ直接受け取りに行っています。
パンも毎朝かならず受け取りに。
顔と顔を合わせて会話することで得られることや気づくことがあります。


s200115_hueblog0365.jpg

s200115_hueblog0338.jpg
▲お店に並ぶパンも毎朝、直接受け取りにいく今野さん。今は4つの店舗から毎朝日替わりでパンの仕入れをしています。

s200115_hueblog0373.jpg
s200115_hueblog0418.jpg

▲『野菜のちから』店長の加藤澄恵さん。お店ではどんな風に食べたらおいしいかお話しながら買い物を楽しんでもらっているそうです。
お客さんからも「こんな食べ方が美味しかったよ」と教えてもらうことがあるそう。

お店を通してひろがっていく支援の輪

今野 例えば、今朝も江戸川の農家さんへ野菜を受け取りに行くと
千葉の台風被害はまだ地元の方は大変そうだね、
という話になって、「僕らはおいしい小松菜を作っているから、
それでなんか手伝えることあったら言って」と声かけてくださったりします。

ーー顔と顔をあわせて、野菜もチーズも生産者さんとのかかわりを大切にする今野さん。
その考えやお店の取り組みを知って、
災害があったときは今野さんを中心に支援の輪が広がっていくそうです。
常に“現場ありき”の今野さんは、身銭をきって被災地へボランティアバスを出していたり、
新型コロナウィルスの感染拡大に対しては真っ先に
「妊婦さんや高齢の方、病気にかかれない、本当に必要な方へ」
と店頭でマスクを配布したり、と現場でいま何が必要なのかを見極めすぐに行動されていました。

今野 全国に知り合い、友人がいるのでどこかで災害があったり、
被災した人がいれば支援にいきます。
この小さなお店に募金箱を置いて400万円くらい集まるんですよ。
『チーズのこえ』を通して応援してくれる人たちがたくさんいます。

s200115_hueblog0106.jpg
ーー「災害支援屋さんではないんですけどね」と今野さんは笑いますが、
募金箱に集められた金額は今野さんへの信頼の大きさそのもの。
実際にこの近辺にあるお店で「集まったお金は『チーズのこえ』の今野さんに届けます」
と書かれた募金箱をいくつか見かけました。

この町に『チーズのこえ』が登場してから、なんとなくお店とお店、
人と人が様々な角度でつながっていく感覚が生まれているように感じます。
今野さんが「チーズを通して何が約束できるのか」と言っていた言葉が、
町や人に新しい風を吹き込んでいるように思えました。


物理的重量以上の価値を伝えたい

ーーお店の運営に加えて、全国の生産者さんを訪ね、
さまざまな食のイベントに携わったり、
災害支援にも現場主義を貫く今野さん。
あまりにもたくさんの取り組みに思わず「大変じゃないですか?」とたずねました。

今野 自分の会社だけが儲かることじゃなくて、自分たちの経済活動の中で、
弱い立場の人たちを守ることも、自分たちがやるべきことなんだなと思います。
お店で出た利益の中から子供食堂へお米を届けたり、
店で使った段ボールをホームレスの方の仕事の支援に使ってもらえるよう運んだり、災害支援もその一つです。

a200310_hueblog0241.jpg
▲店内ではお店で伝えきれなかった生産者さんの情報や、季節の食材やレシピを紹介する『月刊野菜のちから』を発行しています。

ーー今は買い物しようと思えばいつでも、どこでも手に入る便利さはありますが、
逆に考えると何を買うのか、どこで買うのかは自分の意思で選ぶことができるということ。
今野さんやお店の取り組みを知って『チーズのこえ』『野菜のちから』で買い物をしようと思うお客さんがたくさんいます。

今野 チーズはハレの日の食べ物というか、食品の中でも高価だと思うんです。
でも北海道のチーズを手にとることで、それを作っている酪農家や生産者の方の応援になる。
農作物も同じです。
買い物の意義を変えたいというか、農作物やチーズが持っているポテンシャルを伝えたい、
物理的重量以上の重さを届けていきたいんです。

s200115_hueblog0356.jpg
ーー物理的重量以上の重さ、という言葉がとても印象に残ります。
改めて生活をみつめると便利で豊かな時代ゆえに、
物や食に対してどこかありがたみが麻痺してしまっていた感覚があることに気づかされます。

今野 フードロスやSDGsと大げさにいうことではなくて、
生業というか、経済のすべてが当然のようにSDGsに向かっていくことが大切。
これからの時代、労働力を搾取したり、
働きにくい環境を作る会社なんて、なくなるべきだと思っています。
なんでも効率化とか生産性が重視されています。
“今だけ、自分だけ”という風潮になってしまっている。
特に東京では、食べ物なんてお金さえあれば
手にはいるだろうと思っている傲慢さがあるように感じます。
でも考えてみると東京は自給率が1パーセントしかない。
もし大きな災害がおこればこうした生活は脆弱です。

ーーこのインタビューの後、新型コロナウィルスの感染拡大がおこり街ではあっという間に買い占め問題がおきました。
もしこれがマスクや消毒液ではなく食料品だったとしたら。たちまち都会での生活は成り立たなくなってしまいます。


s200115_hueblog0355.jpg

ーー「でも、本当はこういった話はできればいいバイブスの中で話したいんです」と今野さんは言います。
恐怖や危機の中で食について考えるのではなく“いいバイブス”の中で語られる食の話。
その背景に『チーズのこえ』と『野菜のちから』があるように思います。

今野 お店に並べる商品にも一つひとつ物語がある。
でも一方で決してストーリー過多になりすぎないように、と考えています。
お店のポップにはいろいろと書きすぎないように。
まずは食べてもらって「おいしい!」と感じてもらうことが大事なんです。
世の中を変えられるのは、何も選挙の時だけじゃないと思っています。
毎日毎日の買い物において、それぞれの哲学を持って選択することは、
その人が手にした生産者、お店を「支持する」という立派な投票行動。
その思慮と哲学を踏まえた買い物の向こう側に
愛が溢れる食卓があると思うんです。

ーー今野さんが描こうとしているのは、大きな大きな食の未来図なのかも知れません。
お話を伺ってから改めて毎日の暮らしの中で何気なく選択してきたことを見直し、
“買い物に哲学を。食卓に愛を”という言葉を実践していきたいと思いました。
おいしい!と感じたその食べ物が100年先の未来でも
同じように「おいしい!」と食べられるように。

s200115_hueblog0201.jpg
撮影・加藤雄也(hue)

『チーズのこえ』
東京都江東区平野1-7-7 第一近藤ビル 1F
営業時間11:00~19:00 
不定休

『野菜のちから』
東京都江東区清澄2-7-9
営業時間(火~金)11:00~20:00、(土日祝)9:00~18:00
月曜定休

現在両店舗ではスタッフを募集されているようです。
「本気で食と農から幸せを広げたいと思う方に出会いたいと思っています!」ご興味ある方はぜひお問い合わせください。
公式HP http://food-voice.com/

著者プロフィール

著者アイコン
株式会社ヒュー
株式会社ヒューは「食」を中心とした広告や商品パッケージの撮影から、レシピの開発・提案・クッキングの手配や出版物・WEB・デザイン・SNSを使ったコミュニケーションツールなど多彩にご提案が出来る「食の総合プロデュース会社」です。
お問い合わせ

関連記事